ひとみのみやびの副作用って?口コミ効果を実際に購入して徹底検証

あなたはスマホの文字がはっきりと見えますか?

また夜や雨の日の車の運転が怖くはありませんか?

年齢を重ねるとどうしても目の調子が気になりますよね。

目の不調を治してくれるものが欲しいですよね。

今回は、進化型アイケアサプリ「ひとみのみやび」についてご紹介させていただきます。

「ひとみのみやび」とは一体どんなものなのか?

みなさんは「ひとみのみやび」というサプリをご存知でしょうか?

実は「ひとみのみやび」というのは以前は「あいぜん」という名前だったんですよ。

より多くの人に愛される名前にしたいということで「ひとみのみやび」という優しい名前に変わったんですよ。

「ひとみのみやび」を開発したのは、福岡市に拠点をおき2009年4月に創業した「株式会社あすなろわかさ」という会社です。

創業10年を超えた会社です。

こちらは主に自社オリジナルの健康食品や基礎化粧品をインターネットを通じて販売している会社です。

では「ひとみのみやび」とは一体どんなサプリなのでしょうか?

「ひとみのみやび」には次の5つの大きな特徴があります。

  • フリー体天然ルテイン100%配合
  • ルテイン12mg×ゼアキサンチン2,4mgという5対1の最高比率で配合
  • クロセチン配合プラスルテインで還元率が2,1倍
  • アスタキサンチンを配合(ビタミンCの6000倍の力がある)
  • 夜間の視力の維持を助ける9種類のビタミン、ミネラルを配合

次の章からは「ひとみのみやび」の副作用(デメリット)についてご紹介させていただきます。

「ひとみのみやび」は飲みすぎると危険!

目の健康に非常に効果がみられるといわれる「ひとみのみやび」ですが、ある点に置いては悪い効果もあるといわれています。

それは適正量を超えた飲みすぎです。

ではなぜ飲みすぎると危険なのでしょうか。

それは「ひとみのみやび」に含まれている「アントシアニン」という成分が原因です。アントシアニンには、「紫外線をブロック」してくれる効果があります。

しかも「ひとみのみやび」の「アントシアニン」はビルベリー使って濃縮加工しているので、普通のブルベリーの約6倍も配合されています。

つまりただでさえ「アントシアニン」の配合量が多くなっているということです。

そのため「ひとみのみやび」を1日で過剰摂取しすぎると、当然「アントシアニン」を相当な量を摂取していることになります。

「アントシアニン」を過剰摂取し過ぎると、次の3つの副作用が起こることが考えられます。

  • 胃の不快感や痛み
  • 肌荒れ
  • 便秘

ただし、これ等の副作用はあくまで連続して「アントシアニン」過剰摂取した時に想定できる症状です。

「ひとみのみやび」をご使用の際は、用法用量を守ってご利用ください。

アレルギー体質の人は用心してお使いください!

「ひとみのみやび」は、特定保健用食品には該当していませんので、当然消費者庁の個別審査は受ける必要がありません。

そのため食物アレルギー、通院中、薬を服用中の人は何らかの影響が起こるかもしれません。

「ひとみのみやび」の配合成分の何が具体的に食物アレルギーを起こすのかは予想ができません。

ご自分が食物アレルギーがでる恐れがある人は必ず医師にご相談してからお使いください。

まとめ

今回は、進化型アイケアサプリ「ひとみのみやび」についてご紹介させていただきました。

「ひとみのみやび」は、年齢を重ねることで視力に不安がある人には効果を発揮してくれる有効成分が多数配合されています。

しかも最適な配合比率で作られているので、効果が期待しやすくなっています。

ただし、それは記載された用法用量を守った時に実現される効果です。

飲めば飲むほど効果があるとは決して思わないでください。

また天然成分が配合されていることから、食物アレルギーが起こる懸念も否定できません。

気になる人は必ず医師に相談してからお使いになることをおすすめいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です